当HPはフレームを使用しています。検索等で直接この右下フレームへ来られた方は、ここからトップページへ行く事が出来ます。 当HPはフレームを使用しています。
検索等で直接この右下フレームへ来られた方は、ここをクリックする事でこのページ全体が表示されます。 このページをお気に入りに追加 
ここでは、工作機械についての簡単な説明になります。

工作機械関連JIS規格 (注:左端の番号は
”JIS規格他資料”の番号を示す。)

   43.工作機械安全通則(JIS B 6014-1980)  
   49.マシニングセンタの工作精度(JIS B 6336-7:2000)  
   59−1/2.工作機械−名称に関する用語(JIS B 0105:2012)〜2/2  
   63−1/2.工作機械−試験及び検査用語(JIS B 0182-1993)〜2/2

   91.機械の数値制御−第2部:G・Mコード(JIS B 6315-2:2003)
  101-1/5.機械類の安全性−リスクアセスメント及び低減(JIS B 9700:2013)〜5/5 
  103−1/5.工作機械−安全性−旋盤(JIS B 6031:2014)〜5/5
  105.工作機械−旋盤用刃物台のバイト取付け部(JIS B 6131:2004) 

  106.旋盤センタ−形状・寸法(JIS B 6161:1998) 
  108.工作機械−数値制御の図記号(JIS B 6012-2:1998) 
  109.工作機械−制御盤の一例(JIS B 6012:1998) 
  125.マシニングセンタ−主軸端の形状・寸法(JIS B 6340:1992) 

  126-1/2.スクロールチャック(JIS B 6151:2015)〜2/2 
  140.工作機械−操作方向(JIS B 6011:2004) 
  154−1/2.ターニングセンタ:工作精度検査(JIS B 6331-6:2013)〜2/2
  157.旋盤の主軸端(JIS B 6109-2:2005) 

  158−1/2.マシニングセンタ:工具交換及びパレット交換時間の評価(JIS B 6336-9:2002)〜2/2
  185−1/3.ベッド形立てフライス盤(JIS B 6225:2006)〜3/3 
  195.機械類の安全性−人体部位が押しつぶされることを回避するための最小すきま(JIS B 9711:2002) 
  196.マシニングセンタ−検査条件−第4部:直進及び回転運動軸の位置決め精度(JIS B 6336-4:2000) 

  197.マシニングセンター検査条件−第10部:熱変形試験(JIS B 6336-10:2014) 
  198.自動工具交換用7/24テーパシャンク−第3部:・・・ツールシャンク用プルスタッドの形状・寸法(JIS B 6339-3:2011)
  202−1/17.工作機械試験方法通則−第1部:幾何精度試験(JIS B 6190:2016)〜17/17











                                                                                次へ

トップ
工作機械 
ブログパーツ 無料レンタル