当HPはフレームを使用しています。検索等で直接この右下フレームへ来られた方は、ここからトップページへ行く事が出来ます。 当HPはフレームを使用しています。
検索等で直接この右下フレームへ来られた方は、ここをクリックする事でこのページ全体が表示されます。 このページをお気に入りに追加 

機械製図(JIS B 0001:2010)

機械加工に最低必要なJIS規格を載せてありますので参考にしてください。
※信頼出来る最新情報を求める場合、機械製図(JIS B 0001)の最新版を参照して頂けるよう宜しくお願いします。

なおこの機械製図を含めたJIS規格は、強制法規に当てはまる場合を除き任意規格と解釈出来ますが、JIS規格使用する旨の記載が無くても、標準化されたJIS規格を参考にするのがある意味常識となっていますので、設計及び製図される方はできるだけJIS規格に沿うように描かれる事をお勧めしたいと思います。

もしJIS規格でない、または一部だけJIS規格は使用しない等の場合は、表題欄またはその近く、もしくは注記等にその旨と代替えの規格名称及び番号等の記載をして頂くと、読図側及び加工現場は非常に助かります。

スポンサード リンク


                                                 次へ  

トップ
機械製図
ブログパーツ